title>融資基準について|学生ローンでキャッシング
本文へスキップ

学生ローンでキャッシング

学生ローンの情報サイト

学生ローン・キャッシングの案内所

質問・疑問2

Q.友達と一緒に学生ローンに借りに行ったのですが、利用枠に差がありました。なぜですか?
A.融資枠の基準は様々ですので、みんな同じというわけにはいきません。
融資枠の基準についてはこちらをご参照下さい。

Q.学生ローンに借りに行ったら断られました。理由を聞いたのですが教えてもらえませんでした。
そういうものでしょうか?
A.理由はなかなか教えてもらえないと思います。他で借り入れが多いとかの明確な理由でしたら教えてくれますが、なかなか言いづらいこともあるのだと思います。その場合はいくら聞いても教えてくれません。学生ローンを数件まわってみてダメだった場合、他での借り入れが原因でないとするならば、例えば貴方の環境などに関係があるかもしれません。環境というのは、家族構成であったり、今住んでいる家が持ち家か借家かなど。また、学校のレベルも関係あると推測されます。学生ローンというくらいですし、社会人は融資しないということは、それなりの理由があるのでしょう。
これはあくまでも推測ですが、社会人は他の消費者金融で容易に借り入れができますので、多重債務者になる可能性があるという考えかもしれません。逆に学生はなかなか融資してらえないので、多重債務者になる確率が低いという考え方もあると思います。

Q.貸金業法の改正で信用情報機関が1つになると聞きましたが、どういった影響がでるのでしょうか?
A.今までは別々で運営されていた信用情報機関が1つになるわけですから、いろいろな影響がでると思います。例えば仮にAの信用情報機関に管理されている信用情報と、Bに管理されている信用情報を合計すれば確実に情報量は増えます。今まで他での借り入れが3社で30万円としか反映されていなかったあなたの情報が、突然すべて一元化され、他での借り入れ総額が6社で100万円を超えてしまったなどというケースも十分考えられるでしょう。こうなると、今までは借りられたのに「急に借りられなくなってしまった」という現象が続発することが予想されます。
学生ローン.comというサイトの新貸金業法の一部を紹介というページで詳しくでてましたので、参考になるかもしれません。

Q.総量規制とは何ですか?
A.総量規制とは、自社で貸付する金額が50万円を超える場合、または他社と合計して100万円を超える場合は収入証明が必要となり、借金の総額が収入の3分の1を超えた場合は、融資が受けられないというものです。
多重債務者を出さないようにするための法規制ですが、上の質問にでた信用情報機関の一元化は、この総量規制の問題と重なっているわけです。

Q.雑誌の広告を見て申し込みをしたところ、他社を紹介されました。借りたら連絡するように言われたのですが何かおかしい気がします。
A.それは「紹介屋」といって、悪質な業者ですので、相手にしない方が無難です。
あまりしつこいようでしたら、消費者センターや警察に相談した方が良いでしょう。
学生ローン・キャッシングの案内所というサイトの「悪質商法にご注意」というページでこのような悪質業者について詳細にまとめた内容がありましたので、一度ご覧になってみて下さい。
役に立つと思います。