title>融資基準について|学生ローンでキャッシング
本文へスキップ

学生ローンでキャッシング

学生ローンの情報サイト

学生ローン・キャッシングの案内所

審査基準について

限度額を決定する審査基準について

学生ローンのサイトは比較サイト等も含めれば星の数ほど存在します。
そんな中、融資基準についてここまで詳細明かしているのは、当サイトだけではないでしょうか。
(他にあったらゴメンナサイ)
話は遡りますが、 私が学生ローンを利用していた頃、友人を何人か紹介したのですが、借りられる額がそれぞれ違いました。
当時は「なぜだろう」と疑問に思っていましたが、学生ローンのスタッフに聞いてもあいまいなことしか教えてくれませんでした。
私と同じ思いをしている学生さんも多いのではないでしょうか。
そこで、私には学生ローンに勤務経験のある友人がおりますので、他ではなかなか手に入らない貴重な融資基準に関する情報を入手することができましたので、当サイトをご覧の方だけに大公開したいと思います。はっきりいって、他ではなかなか見ることのできないと思う自信の情報です!!

@アルバイトの収入・期間
アルバイトの収入よりも期間の方を重要視するらしいです。
長ければ長いほどマジメという印象を与えるのでしょうか。

A他での借り入れ状況
これは私も予想外だったのですが、他での借り入れが多いのは当然融資枠に影響出るのは当たり前ですが、他でまったく借り入れがない場合よりも、他1社〜2社で借り入れ金額の合計がそれほど多くない場合、その利用期間が長ければ、逆に借り入れがあった方が好印象だそうです。
つまり、他社の返済実績も参考にしているということなのです。
他での利用状況がないと、その人がきちんと返済をするかどうかの判断がかえって難しいので、枠も最初は少なめに設定するということでしょうか。

B免許証の有無
やはり免許証があった方が利用枠はその分広がるそうです。
後々、所在不明者などを調査するのに役にたつのでしょう。

C自宅が持ち家か借家か
これは1人暮らしの場合は参考外ですが、学生ローンという性質上、実家に親と一緒に住んでいるという顧客が多いようです。家が持ち家ならば、所在不明になる確率が低い、逆に借家だといつ行方不明になってしまうかわからないということでしょう。
ただ、借家でも居住年数が長ければそれほど影響はないと思います。

D固定電話の有無・電話帳登録の有無
これも予想外でした。電話帳登録の情報を専用の機械ですぐに調べられるらしいのです。
電話帳情報ですから、当然電話の所有者の氏名・住所も確認できのだそうです。
これは、住所の虚偽申告等を事前に把握するのに役に立つのでポイントとしては高いものがあるのでしょう。ただ、今では携帯電話が普及しているので、携帯しか持っていないというケースがほとんどだと思うのですが、この場合はどうなるのでしょうか。情報不足で申し訳ありませんが、私の友人も現役を退いてから大分経つのでわからないとのことです。